Seminar

セミナー

 

脳の活性化プログラム・セミナー(第3回)


 
もの忘れや・認知症が心配/気になる方へ、予防と解消のためのプログラムをセミナーにてお伝えいたします。
 
社会の急速な高齢化にともない、「認知症」は大きな問題となっています。医療機関を中心に、様々な対処が実施・検討をされていますが、未だ明確な改善手段は出来ておらず、高齢者の増加とともに認知症患者および予備軍は今後も膨大な数になることは想像に難くありません。
認知症の原因の一つとして「脳の機能の低下」が挙げられます。脳を活性化することで機能低下を抑えることが出来れば、認知症発症の予防や解消につながる効果もあるのでは?という仮定から、当協会では「脳の活性化」のセミナーを開催致します。
 
当セミナーでは、ひとり一人の脳の特性を分析した上でその特性に合わせた脳の活性化方法をご提案します。また、今回のプログラムの最大の特徴は「脳を休ませることで機能を活性化させる」という点になります。
 
日常生活で無理なく続けられるプログラムを習得して、もの忘れを防ぎ、将来の認知症予防に活かしましょう!
 
【セミナー概要】
 全3回シリーズとなっています。
  第1回 脳を活性化するための呼吸法
  第2回 脳機能を高める食・運動
  第3回 脳を活性化する考え方
 
【第3回セミナー内容】

 第2回 脳を活性化する考え方
日時 2018年6月22日(金) 16:00〜18:00
内容 論語
人間学
次世代に伝えたいこと
会場

東京都港区芝5-5-1 ラウンドクロス三田4F(株式会社ライフフォースサポート会議室)

JR山手線,京浜東北線 田町駅から徒歩8分、都営三田線,都営浅草線 三田駅から徒歩5分

参加費
3,000円(お二人でのご参加の場合、2名で5,000円)
※参加費は、当日会場にてお支払いください。


  
お問い合わせ:03-5765-5515
 

 
 

 
 

グローバルな時代だからこそ必要な「為替」の知識


 
前回までに、日本でもこれからインフレを進み、自身で運用を行なっていく時代になっていく状況であることをお伝えしました。今回は「為替」テーマにしたセミナーを開催いたします。
 
長期投資という観点で見た場合、分散投資は非常に重要な要素になります。一方で、国や通貨を分散するという際に、為替市場のことをどのくらい知っているかというと、詳しい人はそう多くないのが現状ではないでしょうか?
 
外貨建て投資商品も数多く販売されるようになり、選択肢も増えている今だからこそ、為替市場のメカニズムや為替変動要因に関しての知識が必要だと考えます。本セミナーでは、為替に関する基本を詳細に解説いたします。
 
セミナー内容
・為替のメカニズム、どうすれば円安、円高になるのか?
・株式、金利、債券等はどのように反応するのか
・為替市場の歴史と今後の展望
 

 
   

セミナー

当協会では、定期的にセミナーを開催しております。
セミナー開催予定は、スケジュールをご確認ください。

 

セミナー講師陣

栗本 大介(くりもと だいすけ)氏

大学卒業後、株式会社東京リーガルマインド入社。在職中にCFP資格を取得し、ソニー生命保険株式会社に転職。3年間の実務を経て2001年に独立。現在株式会社エフピーオアシス 代表取締役、滋賀県大津市と長野県松本市を拠点に、大手企業や大手労働組合、金融機関、JA各団体のほか、学校での金銭教育等、年間100回超の講演を実施。これまでに7冊の著書を出版し、2010年度には金融庁・日本銀行より「金融知識普及功績者」として表彰を受ける。
 


前野 彩(まえの あや )氏

元、中学校・高等学校の保健室の先生という異色FP。住宅購入・加入保険会社の破綻の経験から、2001年にFPに転身。独立系FP事務所を経て、2008年FPオフィス willとして独立、2014年には株式会社Crasを設立する。家計収支だけでなく「想い」を大切にした個別相談の希望者は年間300件を超え、テレビや雑誌などのメディア出演も多数。8冊目の著書「本気で家計を変えたいあなたへ」(日本経済新聞出版社)はロングセラーとなる。
CFP®認定者。

 


大江 英樹(おおえ ひでき)氏

野村證券において25年間、個人の資産運用相談及び企画業務に携わり、200110月より確定拠出年金における投資教育、ライフプラン教育業務に従事した後、2012年に定年退職し、()オフィス・リベルタスを設立。